シミは予防と解消では大違い?

顔にシミができてしまうと、できるだけ素顔で外出することは避けたいと思うようになります。それは、シミがあるだけで老けて見られますし、美しい肌とは言われなくなるからです。
しかし、ファンデーションやコンシーラーで隠せる程度のシミならどうにかなりますが、大きなシミや複数の箇所にシミができてしまうと、隠すことも簡単ではありませんね。
多くの女性たちを悩ませているシミですから、紫外線の強い夏場に限らず、一年を通してシミ対策用の基礎化粧品には需要があります。シミ対策と表示されているだけで、安心して買ってしまうことはありませんか?
単にシミ対策といっても、シミを予防するタイプなのか、それともできてしまったシミを解消してくれるタイプなのかによって分かれます。
既にできてしまったシミに悩んでいるのでしたら、シミ解消に効果のある商品やシミ消しサプリを選ばなくてはなりません。

 

 

ここからは、できてしまったシミを解消する基礎化粧品の選び方についてご紹介していきたいと思います。基礎化粧品に配合されている成分は、どのような働きがあるのかについても知っておくと便利です。

 

 

〜本当に効果のあるシミ解消基礎化粧品を選ぶなら〜
☆肌への浸透力を見極める
シミ解消のために有効な成分が配合されていたとしても、肌の奥まで浸透しなければ意味がありません。低分子化されているか、浸透力に優れているか、などをチェックしましょう。

 

☆ハイドロキノンの配合率がポイント
ハイドロキノンとは、できてしまったシミを解消するなど漂泊効果のある成分です。美白基礎化粧品にはよく使われる成分ですが、配合率が高すぎると肌にダメージを与える危険性があります。また、低すぎても十分な効果が得られない場合がありますから、自分の肌に合った配合率で選びましょう。

 

☆肌を守る
基礎化粧品は安全性の高さが重要になります。美白効果の強い成分が高配合されている場合は、シミを消すだけでなく周りの皮膚まで白抜きした状態になることもありますから注意しましょう。また、思わぬ肌トラブルを招く場合もあります。安全性の高い基礎化粧品を選ぶなら、商品を研究開発する際に皮膚科医や薬剤師などの専門家が携わった商品なら問題ありません。そのような商品であれば、公式サイトなどに掲載された商品紹介に表示されていますからチェックしてみましょう。
さらに、初めて使用する商品は肌に合わないことも考えられますから、返金保証制度が付いているものを選ぶといいでしょう。

 

 

 

ビタミンC・ビタミンC誘導体の効果とは?

美白化粧品に配合されている成分といえば、よく見かけるのがビタミンCやビタミンC誘導体ではないでしょうか?
ビタミンCの抗酸化作用によって、シミを予防したり、若々しい肌を保つことができます。
では、ビタミンCやビタミンC誘導体には、どのような特徴があるのかチェックしてみましょう。

 

 

〜なぜビタミンCは美白に効果があるの?〜
ビタミンCといえば、多くの野菜や果物に含まれる成分ですね。体の健康を維持したり、美しい肌を保つ効果があることは知られています。
ビタミンCは、摂取することで体の中から効果を得る方法と、基礎化粧品をつけて外部から効果を得る方法があります。

 

肌のハリや潤いを補うためにはコラーゲンの合成が必要です。そのコラーゲン合成には、ビタミンCの存在が欠かせないのです。
また、ビタミンCの美白効果は、ビタミンCが持つ抗酸化作用によるものです。抗酸化作用は、シミやそばかすを作り出すメラニン色素を生成する活性酸素を抑制する働きがあるのです。
メラニンが生成されにくくなるため、ビタミンCが美白化粧品に多く利用されているというわけです。
さらに、ビタミンCの抗酸化作用は、肌の老化を予防する働きもあることが分かっています。

 

効果の高いビタミンCは、せっかく補給しても破壊されることがあります。主なものとしては喫煙が挙げられます。煙草を1本数だけで大量のビタミンCが破壊されてしまうのは勿体ないですね。ビタミンCは手軽に摂取できる成分ですから、積極的に取り入れましょう。
しかし、過剰摂取は禁物です。3000mgを超えるほどの摂取は、胃腸に悪影響を及ぼすので注意しましょう。

 

 

 

〜ビタミンC誘導体って何?〜
ビタミンCに効果があることは分かりましが、よく耳にするビタミンC誘導体はどうでしょうか?そもそも二つの違いとは何でしょう?

 

ビタミンC誘導体とは、体の中でビタミンCに変化する成分です。初めからビタミンCであるよりも有効だとされているのは、ビタミンCが熱に弱く誘導体よりも浸透力がよりも弱いという特徴があるからです。
さらに浸透力を高めるには、成分が低分子化されている方が有効です。ナノ化と表示されているのが低分子化を意味しています。

 

 

〜ビタミンCを取り入れるなら〜
ビーグレンシリーズのビタミンC美容液なら、ビタミンCの配合量が多く、美白成分のハイドロキノンも配合されているためおすすめです。
独自に開発した技術によって浸透力の高い化粧品が実現し、ビタミンCは生のまま7%と高配合です。

 

また、同じようにビタミンC誘導体とハイドロキノンを配合している化粧品といえば、アンプルールがあります。
どちらも同じように人気商品となっています。