フラーレンの効果とは?

フラーレンとは優れた抗酸化作用を持つ成分で、シミ予防やエイジングケア化粧品に使われ注目を集めています。

 

 

〜フラーレンの特徴は?〜
抗酸化作用を持つ成分といえば、一般的にはビタミンCが知られています。しかしフラーレンは、ビタミンCよりなんと170倍も多いという驚きの抗酸化作用を持っているのです。
元々フラーレンは宇宙空間に存在する微粒物質として発見されました。
その発見は偶然とも言われていますが、ノーベル賞を受賞するという期待値の高い成分でもあります。

 

人間の体にとって活性酸素は、さまざまな悪影響をもたらします。老化もその一つですが、多くの病気も活性酸素の作用によって引き起こされるといわれています。
フラーレンの持つ高い抗酸化力によって、活性酸素の働きを抑制する効果があるのです。
抗酸化作用は、肌トラブルであるシミやそばかす、老化といった悩みを予防することができるため、美白やアンチエイジングにも高い効果を発揮します。
また、肌の若返りに効果的といわれるプラセンタよりも、さらに高いコラーゲン生成パワーがあるため、エイジングケアにも最適です。弱った肌の弾力を甦らせて、透明感のあるきめ細やかな肌を実現します。

 

フラーレンは非常に強い成分だということが分かりましたが、反対に副作用の心配はないのでしょうか?
実はフラーレンは、安全性の高さでも評価が高く、副作用の心配はほとんど要りません。
基礎化粧品に含まれるフラーレンの量は、わずか1%という配合率です。しかし、ほんの1%でも十分高い効果を実感できます。